ケラッタHipGOダイヤルを使った感想を本音でレビュー【口コミ徹底解説】

PR

ケラッタHipGOダイヤルを使った感想を本音でレビュー【口コミ徹底解説】
  • ケラッタHipGOダイヤルってどんなヒップシート?
  • 他のヒップシートよりコスパ良い?
  • ダイヤル式の効果、詳しく知りたい!

ケラッタHipGOダイヤルは試着もできないし、買って失敗したくないですよね。

この記事では、17個のヒップシートを実際に使った筆者が、ケラッタHipGOダイヤルの特徴とメリットを画像付きで徹底解説します。この記事を読めば、ケラッタHipGOダイヤルの実力や他製品との違いを理解できます。

ケラッタHipGOダイヤルは、コストパフォーマンスと機能性のバランスがとれたヒップシートです。

日本初「ダイヤル式」で腰への負担が小さいケラッタHipGOダイヤル。低価格で疲れにくいヒップシートを探している方におすすめです。

パパらく
パパらく

17個のヒップシートを使った私が、本音でレビューするよ!

HipGOダイヤルは、コスパがよくて疲れにくい

ケラッタHipGOダイヤルは、コストパフォーマンスと機能性のバランスが取れたヒップシートです。

従来モデルと同様にお手頃な価格のまま、疲れにくい機能が新搭載されています。とくに日本初搭載のダイヤル機能は、17種類のヒップシートを試した筆者でもビックリした優れた機能です。

誰でも簡単に正しく装着できて、疲れにくい。ケラッタHipGOダイヤルは、価格・機能どちらも重視する人にオススメです。

ケラッタHipGOダイヤルの使用レビュー

  • 新機能のダイヤルが使いやすい
  • 下腹部が改良されて疲れにくい
  • 長時間抱っこは正直つらい

ヒップシートとは

そもそもヒップシートとは、子どもを腰で支えるベビーキャリアです。腰に巻くだけで抱っこできるので、サッと取り出して抱っこできます。

» ヒップシートとは?使い方を初心者向けに解説

ケラッタHipGOダイヤルの特徴

ケラッタHipGOダイヤルは、コスパのいいヒップシートです。他社商品よりもお手頃価格で、疲れにくい機能を搭載。新しく採用されたダイヤル式ベルトは、身体への負担を軽減してくれます。

累計売上12万個以上の大ヒットシリーズを生み出した、ケラッタの自信作。価格は抑えつつ、従来モデルよりも機能面に優れています。

ケラッタHipGOダイヤル
耐荷重15kg
製品重量485g
座面サイズ16cm×22cm
中央ポケットあり
右ポケットなし
左ポケットなし
楽天市場詳細を確認

ケラッタHipGOダイヤルとは

ケラッタダイヤルヒップシート®は、ケラッタが販売しているヒップシートの最新モデルです。累計12万個以上売れている「Hip Go」シリーズに、新機能のダイヤル機能が搭載されました。

日本初・国際特許出願中のダイヤル式ベルトを採用、抱っこのときの体への負担を軽減します。500グラム未満と軽量なので、散歩などのお出かけに最適なヒップシートです。

従来のケラッタシリーズとの違い

従来モデルよりもパワーアップしたHipGOダイヤル。ヒップシート初心者でも使いやすく、疲れにくい機能が搭載されました。

  • 初心者にも使いやすい、日本初ダイヤル式ベルトを採用
  • ウエストガードクッションを改善、疲れにくさUP

従来モデルに比べ価格が高めですが、劇的に性能アップしています。

ケラッタHipGOダイヤルは、いつまで使える?

ケラッタHipGOダイヤルは、2歳まで快適に使えます。身体の負担を軽くするためには、10kg以下の子どもや短時間の使用がベターです。

15kgの子どもを抱っこした結果、下腹部へのアタリが強く、疲れてしまいました。ケラッタHipGOダイヤルは、子どもが2歳以下の人におすすめします。

パパらく
パパらく

体重10kg以下の人なら疲れにくいよ

ケラッタHipGOダイヤルのメリット・デメリット

ケラッタダイヤルフィットは、手頃な価格帯なのに疲れにくいことが特徴のヒップシートです。

日本初ダイヤル式ベルトを採用しているため、ぴったりと体にフィットさせることができます。ヒップシート特有の「腰への負担」を軽減し、快適な抱っこが実現します。

ヒップゴーダイヤルのメリット3選

ケラッタダイヤルフィットは、コストパフォーマンスと機能性を兼ね備えたヒップシートです。

ヒップシートを使い慣れていない初心者でも、抱っこが快適です。ダイヤルを回して調整するので、簡単に正しい装着ができます。

  • コストパフォーマンスがよい
  • 腰への負担が小さい
  • ダイヤル式で装着が簡単
パパらく
パパらく

17個使ったけど、ダイヤル機能にはビックリ!

ヒップゴーダイヤルのデメリット3選

ケラッタHipGOダイヤルのデメリットは、長時間抱っこだとやや疲れてしまうこと。

従来のケラッタシリーズより値段がやや高めです。ただし、ダイヤル機能やウエストガードクッションなどの便利機能が追加、コストパフォーマンスのよいヒップシートです。

  • 長時間の抱っこはやや疲れる
  • 下腹部へのアタリが気になる
  • 従来シリーズより値段が高い

ケラッタHipGOダイヤルの本音レビュー

17種類のヒップシートを使った筆者が、実際にケラッタHipGOダイヤルを使った感想を正直レビューします。

ケラッタHipGOダイヤルは、コスパのよいヒップシートです。ただし、体重が重い子どもの長時間抱っこには要注意。

HipGOダイヤルのおすすめポイント

  • ダイヤルが使いやすい
  • 下腹部が疲れにくい

HipGOダイヤルの気になるポイント

  • 長時間抱っこは正直つらい

おすすめポイント①:ダイヤルが使いやすい

ケラッタHipGOダイヤルのダイヤル機構

ケラッタHipGOダイヤルはダイヤル方式を採用、ヒップシートに慣れていない初心者でも使いやすいです。正しく締めつけて装着できるので、腰への負担が小さいです。

ケラッタ公式サイトより引用

おすすめポイント②:下腹部が疲れにくい

ケラッタHipGOダイヤルは、下腹部へのアタリがあまり強くありません。その理由は、ウエストガードクッションを採用しているからです。

従来のケラッタシリーズで気になっていた「下腹部が痛い」が、しっかり軽減されています。

ケラッタ公式サイトより引用
ケラッタ公式サイトより引用
ケラッタHipGOダイヤル
台座の中身を取り出したところ
ケラッタHipGOダイヤル
ウエストガードクッションを触って確認

気になるポイント①:長時間抱っこは正直つらい

ケラッタHipGOダイヤルで長時間抱っこをすると、体への負担が大きかったです。とくに、「下腹部が痛い」と感じました。

ただし、気になったのは15kgで試したときだけ。10kgで5分抱っこしても、ほとんど気になりませんでした。

実際に使って分かった、口コミとの違い

ケラッタHipGOダイヤルの口コミと実際の使用感に、大きな違いはありませんでした。ダイヤル機能の口コミも多く見られました。

ケラッタHipGOダイヤル
一般的な口コミ

  • 乗せおろしが簡単
  • 腕がつらくない
  • 夫婦で共有したい

HipGOダイヤル”特有”の良い口コミ

  • ダイヤルで疲れにくい
  • 腰が疲れにくい
  • 下腹部が痛くない

HipGOダイヤル”特有”の悪い口コミ

  • 下腹部に当たって痛い
  • 長時間の抱っこは難しい
  • 収納が少ない

» ヒップシートの口コミ3000件を独自解説!記事を確認する

従来のケラッタシリーズとの違い

ケラッタHipGOダイヤルと従来のケラッタシリーズは、2つの違いがあります。

  • ダイヤル式ベルトの採用
  • ウエストガードクッションの採用

ダイヤル式ベルトを採用

ダイヤル式は一言でいうと、ビックリするほど使いやすいです。

ケラッタHipGOダイヤルは、日本初のダイヤル式を採用しています。ダイヤルを回すだけで適度に締めつけできるので、とくに腰への負担が小さいです。

ダイヤル式ベルトによる効果

  • 初心者でも正しく装着できる
  • 腰への負担感が小さい
パパらく
パパらく

17種類の商品を使ったけど、ダイヤル式は正直すごい!

ウエストガードクッションを採用

ウエストガードクッションを本音でレビューすると、値段が安いのに疲れにくいです。どうしても1万円以上の疲れにくいヒップシートと比べると、痛みが気になってしまいます。

ウエストガードクッションの効果

  • 値段の割に、下腹部が痛くなりにくい
  • 疲れにくい商品より、痛くなりやすい

» 疲れにくいヒップシートとは?ポルバンアドバンスをおすすめする3つの理由

ケラッタHipGOダイヤルは痛い?

従来モデルよりも、痛みが軽減されました。体にしっかりフィットしてくれるダイヤル式ベルトは、子どもがずれにくく腰が疲れにくいです。

ふかふかの軽量プラスチック使用の新台座は、とくに下腹部への負担を軽減してくれます。従来のクッションに比べてやわらかさと弾力がUP。下腹部に食い込みづらいヒップシートに生まれ変わりました。

他のヒップシートとの違い

ケラッタHipGOダイヤルは低価格帯のヒップシートですが、機能も充実しています。ヒップシートの基本機能も備えつつ、腰への負担が小さいのが特徴です。

独自機能のダイヤル式を採用していて、ヒップシートに慣れていない初心者でも、正しく装着できます

一般的なヒップシートとの比較、ケラッタHipGOダイヤル独自の特徴について、それぞれ詳しく解説します。

一般的なヒップシートとの比較

一般的なヒップシートとの比較は、3つです。

  • ウエストベルトがダブルロック
  • 座面にすべり止めあり
  • 収納がある

ウエストベルトはダブルロック

ケラッタHipGOダイヤルのウエストベルトは、一般的なヒップシートと同じ構造です。面ファスナーとバックルのダブルロックを採用していて、安心して使えます

座面にすべり止めがある

ケラッタHipGOダイヤルの座面にはすべり止めがついており、抱っこが安定します。

小さな粒が座面全面についていて、すべり止めがないヒップシートと比べて抱っこしてもズレ落ちないのが特徴です。下腹部や腰への負担も小さく、長時間抱っこしても疲れにくいです。

収納がある

ケラッタHipGOダイヤルの収納は、中央ポケットのみ、両サイドの収納はありません。

中央ポケットの収納量は一般的なヒップシートと同程度。公園など近所のお散歩には、ケラッタHipGOダイヤルだけでお出かけできます。

ケラッタHipGOダイヤルに実際に収納してみると、たくさん入りました。

ケラッタHipGOダイヤルに、限界まで収納した場合

財布、スマホ、車の鍵、家の鍵、手口ふき(30枚入り)、おむつ(M)、おむつ袋、エプロン、おやつ、着替え上下(100サイズ)

ケラッタHipGOダイヤルに、現実ラインで収納した場合

スマホ、家の鍵、手口ふき(30枚入り)、おむつ(M)、おむつ袋、マグ(240ml)、おやつ、着替え下(100サイズ)

ケラッタHipGOダイヤル
限界まで入れてみた
ケラッタHipGOダイヤル
限界まで入れてみた(収納時)
ケラッタHipGOダイヤル
現実ラインまで入れてみた

ケラッタHipGOダイヤル独自の特徴

他のヒップシートと比べて、ケラッタHipGOダイヤルだけに見られる特徴をまとめました。

ケラッタHipGOダイヤル独自の特徴

  • 値段が安くて疲れにくい
  • ダイヤルが初心者でも使いやすい
  • 座面が大きい

ダイヤルが初心者でも使いやすい

ケラッタHipGOダイヤルのダイヤル機能は、とても使いやすいです。カリカリと回すだけで、適切な力で締めつけることができます。

簡単に正しく装着できるため、ヒップシートに使い慣れていない初心者でも腰への負担が小さいです。

値段が安くて疲れにくい

ケラッタHipGOダイヤルは値段が安いのに疲れにくい、コストパフォーマンスと機能性のバランスがとれたヒップシートです。疲れにくいヒップシートより金額も半分以下で、お手頃価格で使うことができます

座面が大きい

ケラッタHipGOダイヤルの座面は、従来のケラッタHipGO(単体)と同様に16cm×22cm、一般的なヒップシートと同じ大きさです。

疲れにくいヒップシートと比べると座面が大きいため、下腹部への負担が大きくなってしまいます。

ケラッタ公式サイトより引用

購入する前の注意点

ヒップシートを選ぶときは、自分の目的に合った商品を選びましょう。なんとなく購入してしまうと、失敗しやすいです。

ヒップシートの選び方、5つの基準

ヒップシートを選ぶ基準は5つ

  • 疲れにくさ(体への負担)
  • 使う頻度(普段使いor単発)
  • 使う期間(10kg超えても使うか)
  • 収納が必要か
  • 他の育児グッズと併用するか

» ヒップシートの失敗しない選び方とは?17商品を徹底比較

ケラッタDial式をおすすめできない人

ケラッタHipGOダイヤルは、子どもが2歳以上の人にはオススメしません

おすすめしない理由は、子どもの体重が10kgを超えるとすぐ疲れてしまうからです。30分以上抱っこしたい場合は、疲れにくいヒップシートをおすすめします。

ケラッタHipGOダイヤルをおすすめする人

  • 価格を重視している
  • 短時間の抱っこが中心
  • 子どもの体重が10kg以下

ケラッタHipGOダイヤルをおすすめしない人

  • 疲れにくいヒップシートがほしい
  • 30分以上の抱っこをする

» 疲れにくいヒップシートとは?ポルバンアドバンスをおすすめする3つの理由

値段・機能どちらも優れたケラッタHipGOダイヤル

ケラッタHipGOダイヤルは、コストパフォーマンスと機能性のバランスによいヒップシートです。特徴は、お手頃価格で腰への負担が小さく、長時間の抱っこでも疲れにくいこと。

特にダイヤル式ベルトで体にぴったりとフィット、ヒップシート初心者でも正しく装着できて疲れにくいのが魅力です。ただし、30分以上抱っこすると疲れやすいのがデメリットと言えます。

ケラッタHipGOダイヤルは、従来のモデルより価格が高めですが、機能性は飛躍的に向上していました。予算を抑えて疲れにくいヒップシートを探したい方には、ケラッタHipGOダイヤルがおすすめです。

ヒップシート選びに迷ったら、選び方「5つの基準」を確認しましょう。しっかり悩んで、後悔しない買い物をしてくださいね。

» 17種類を使って分かった、ヒップシートの失敗しない選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA