【口コミ3000件からの真実】ヒップシートは痛い?デメリットは意外と少なかった!

PR

【口コミ3000件からの真実】ヒップシートは痛い?デメリットは意外と少なかった!
  • ヒップシート、痛いって本当?
  • 悪い口コミって正しいの?
  • 口コミが良い商品を買いたい!

ヒップシートの悪い口コミを見ると、不安になりますよね?でも口コミが本当か、実際に買って試さないと分かりません。

この記事では、16種類のヒップシートを実際に試した筆者が、ヒップシートのメリット・デメリットを解説します。

この記事を読めば、ヒップシートのリアルな使用感が分かります。

筆者が16種類の商品を試したところ、「ヒップシートは痛くない」ことが分かりました。口コミと実際の使用感を比較して、納得してヒップシートを買ってくださいね。

ヒップシートは痛くない!79.8%は良い口コミ

まず結論を言います。

実際に16個のヒップシートを使用しましたが、あまり痛くありませんでした。3000件のヒップシートの口コミを分析しても、79.8%は良い評価です。

ただし、口コミの中には悪い評価も見られました。

  • 腰が痛くて使えない
  • 恥骨に当たって痛い
  • 片手がふさがって不便

商品を選ぶときは、デメリットに注目しがちです。80%の良い口コミもしっかりチェックして、自分に合ったヒップシートを選びましょう。

そもそもヒップシートとは?

ヒップシートとは、子どもの抱っこを腰で支えるサポートグッズです。手首の腱鞘炎に悩んでいる方、抱っこが多くてつらい方にオススメです。

ヒップシートは3種類、抱き方は5つあります。子どもの月齢や体重、使用目的に合わせて選びましょう。

ヒップシートは3種類

腰巻き型、抱っこ紐型、肩ベルト型

ヒップシートの抱き方は5つ

横抱き
縦抱っこ(対面・前向き)
腰抱っこ(前向き・側面)

» ヒップシートの基礎知識!抱き方や使い方を徹底解説

ヒップシートのメリットとデメリット

ヒップシートは簡単に抱っこできますが、長時間使うと疲れやすいなど、デメリットもあります。

メリット5選

ヒップシートは、使い勝手の良さが魅力です。腰に巻くだけで装着でき、座面に座らせるだけで抱っこできます。

サイズ調整も簡単で、夫婦で交代して使いやすいのも魅力の1つ。お出かけ時にヒップシート1つあれば、ベビーカーも抱っこ紐も、必要ありません。

ヒップシートのメリット5選

  • 抱っこ・おろすのが楽になる
  • 装着が簡単
  • 夫婦兼用でも使いやすい
  • 他の育児グッズが不要で荷物が少ない
  • 体が疲れにくい
    (肩・腰痛・手首の腱鞘炎対策)

デメリット5選

ヒップシートは構造上、腰への負担が大きいです。特に子どもの体重が10kgを超えてくると、座面が下腹部に食い込み、痛みを感じることもあります。

子どもを抱っこしないとき、お腹に巻いた大きな座面が目立つのもデメリットです。

ヒップシートのデメリット5選

  • 腰に負担が大きい
  • 下腹部へ食い込む
    (10kgを超えると痛くなりやすい)
  • コンパクトではない
  • 見た目が悪い
  • 長時間だと疲れやすい

抱っこ紐やスリングとの違いは?

抱っこ紐・スリングとの違い、ヒップシートは子どもを「腰」で支えます。子どもを座面に座らせるだけなので、抱っこ紐やスリングよりも、簡単に抱っこできます。

ただし子どもが固定されず、長時間使うと疲れやすいので注意しましょう。

ヒップシートの口コミと評判

ヒップシートの口コミを3000件調査したところ、79.8%は良い口コミでした。

良い口コミ・評判

ヒップシートは体への負担が小さく、手首の腱鞘炎・腕の筋肉痛もありません。抱っこ紐より抱っこが楽、という口コミもありました。

  • 手軽に使える
  • 腰に巻くだけで使えるから楽
  • 手首や肩の痛みが減った
  • 2歳以上の子どもの抱っこが楽になった
  • ベビーカーや抱っこ紐がいらないから、お出かけしても荷物が軽い

悪い口コミ・評判

ヒップシートの最大のデメリットは、腰に負担がかかることです。

  • 肩や腕は疲れにくいが、腰が痛い
  • 両手が空かない
  • 座面がたためないのでかさばる
  • 下腹部が痛い

悪い口コミは、商品によって異なります。自分に合ったヒップシートを選びましょう。

» 16個使ったヒップシート愛好家が徹底解説!選び方とオススメ商品3選

痛みや不便を感じたユーザーの声

実際にヒップシートを使用すると痛かった、という声が見られます。

腰や下腹部への痛みが心配な人は、疲れにくい商品を選びましょう

» 腰痛持ち必見!ポルバンアドバンスが疲れにくい理由3選

ヒップシート選びを失敗しないコツ

ヒップシートを選ぶなら、自分にあった口コミを参考にしましょう。子供の月齢・体重が近い購入者の口コミを参考にすると、失敗しにくいですよ。

実際に使うと、口コミより痛くない

実際に16個のヒップシートを使いましたが、どの商品も、口コミほど痛くありませんでした。ただし子どもの体重が10kgを超えると痛くなりやすいため、商品選びが重要です。

買ったヒップシートが痛い人は、正しく装着できているか、改めて確認しましょう。

» ヒップシートの正しい装着方法を確認する

痛いかどうか、商品による

ヒップシートが痛い原因は、「子どもの体重が重い」ことです。子どもの体重が5kg以下なら、どの商品でも痛くありません。

パパらくさん
パパらくさん

体重10kgを超えると、痛い商品もあったよ

ヒップシートの痛み対策は、商品によって様々です。価格重視の商品でも、下腹部に厚手のクッションがあると疲れにくいです。

疲れにくいヒップシートは、値段が高い

16種類比較した結果、「値段が高い商品は疲れにくい」と判明。衝撃吸収性の高いクッションを採用する、などの工夫があります。

» ヒップシートを選ぶコツは5つ!疲れにくい商品を選ぼう

実際に使って、気にならなかったデメリット

実際に、人気No.1ヒップシートのポルバンアドバンスで検証。

9㎏の子どもを30分以上抱っこして歩いても、腰も下腹部も痛みを感じませんでした。前向きで抱っこすると、子どもが景色を見て機嫌がよくなります。無理やり抱っこする回数も減りました。

両手が空かないのはデメリットですが、片手だけでも空くと、上の子どもと手を繋げるので安心です。

ママ友さん
ママ友さん

腱鞘炎が全くなくなったよ!

痛かったときの対処法

ヒップシートが痛いと感じた場合は、正しく装着できているか確認しましょう。正しく装着できているのに痛い場合は、商品が合っていません。

痛みを我慢してヒップシートを使い続けると、抱っこが嫌になってしまうこともあります。痛みが悪化する前に、自分に合っている商品に買い替えましょう。

正しい装着方法

ヒップシートを正しく装着するコツは、2つあります。

  • 腰ベルトのバックルやマジックテープをしっかりと締める
  • 腰ベルトの高さをおへそ中央に持ってくる

正しく装着することで、体の負担が少なくなります。

» 装着時は事故が多い!?正しい装着方法と、痛くなりにくいコツ(動画解説)

口コミを参考に、痛くない商品を選ぼう

ヒップシート購入者の口コミ3000件を確認すると、79.8%は良い評価でした。ヒップシートは、手軽に使える、抱っこが楽、などのメリットがあります。

悪い口コミ「ヒップシートは痛い」について検証した結果、9kgでは「ほぼ痛みなし」でした。

良い口コミを見極るコツは、2つ。

  • 同じ月齢・体重の口コミを参考にする
  • 商品ごとの口コミの違いを比べる

悪い口コミばかりに注目するのではなく、ヒップシートのメリットも理解して、自分に合った商品を選びましょう。


ヒップシートを選ぶのに迷ったら、ポルバンアドバンスがおすすめ。

ポルバンアドバンスは、筆者が16個使って比較した中でも、特に疲れにくい商品でした。座面に滑り止め・ストッパーが付いていて、10kg以上になっても長時間抱っこできます。

腰や下腹部が痛くて使えない、2歳の子どもの抱っこは体への負担が大きすぎる。ポルバンアドバンスを選べば、そんな後悔をしなくてすみますよ。

» ポルバンアドバンスの詳しい記事はこちら

どんなヒップシートがあるか詳しく知りたい方は、下記記事がオススメです。ヒップシートを”16個”使ってきた筆者が、ヒップシートの失敗しない選び方を詳しく解説しています。

抱っこをもっとラクにして、子育てをもっと楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA