【新生児が泣き止む】3か月使ったCubyスリングは口コミ以上におすすめ!

【新生児が泣き止む】3か月使ったCubyスリングは口コミ以上におすすめ!

新生児(0か月)から使えて、値段が安いのCubyベビースリング。良いレビューも多いですが、「説明書が分かりづらい」といった悪い口コミも見られます。

この記事では、生後3週間の新生児から実際に使った私(パパ)が、Cubyの使用レビュー・口コミとの違いを紹介します。この記事を読めば、使える期間や実際の使用感・悪い口コミとの違いが分かります。

Cubyスリングを使うと、子どもが泣き止みます

特に育児に参加したいパパにおすすめ!Cubyスリングで子どもを寝かしつけて、寝不足のママをサポートしましょう。

この記事で分かること

  • ベビースリングは3種類
  • Cubyの使い方・メリット・デメリット
  • Cubyの口コミと使用レビューの違い
  • Cubyが育児パパにオススメの理由
  • スリングの次はヒップシート

Cubyは新生児から使えてコスパ良い

Cubyベビースリングは、値段が2000円台とお手頃で、新生児(0か月)から3か月まで使えます。子どものラクな姿勢をキープできて泣き止むので、特に育児に参加したいパパにオススメです。

私(パパ)はCubyを生後3週間で購入。

育児のよくある悩み、「夜に泣き止まずに寝不足」、「抱っこした時に腕が疲れる」から解放されました

ただし、使える期間は3か月・6kgまで。公式サイトのように13kg・2歳までは、肩がつらくて無理でした。価格が安くてコスパが良いので、2~3か月のみ、と割り切って購入するのをオススメします。

新生児のパパ・ママ必見!ぜひ試してみてください。

アマゾンが最安値でオススメ!

首すわり後からは、ヒップシートがおすすめ。

ヒップシートって何?抱っこ紐との違いを解説

ベビースリングは3種類

ベビースリングとは、布1枚で赤ちゃんを抱っこできる育児便利グッズ。新生児から2歳まで使えるものが多く、3つの種類があります。

  1. リングタイプ
  2. バックルタイプ
  3. チューブタイプ
種類リングタイプバックルタイプチューブタイプ
特徴おしゃれ・授乳できる
脱着に時間かかる
脱着が簡単
初めての調整が大変
脱着・調整が簡単
長さ調整できない
長さ調整できるできるできない
価格高い中間安い
安定感やや安定安定やや不安定

ランキング上位のスリングは、バックルタイプ・リングタイプが多いです。

私のように寝かしつけ中心なら、バックルタイプがオススメ!1回調整すると次からは10秒で装着、泣き止まない子どもをすぐに抱っこできます。

Cubyスリングは「バックルタイプ」。長さ調整が容易で夫婦兼用しやすく、装着も簡単です。バックルタイプの中でも値段が安く口コミも良いため、お試しで購入する方も多いです。

パパらくさん
パパらくさん

子どもが泣き止まない…。
ダメ元で買ってみたよ!

Cubyスリングが失敗しない理由は「コスパ」

Cubyベビースリングは、中国メーカーCuby(カビィ)の育児便利グッズ。生地素材は綿100%と通気性が良く、1年を通して使用できます。新生児から2歳まで使えて価格は2000円台、コスパが良いのが特徴です。

私の場合、子どもが泣き止まず生後3週間で購入。失敗しても良いと思って購入したものの、口コミより実際の使い勝手も良く、首すわりまで重宝しました。

パパらくさん
パパらくさん

「直接抱っこ」より泣き止んだよ

使える時期

Cubyベビースリングは、新生児(0か月)から2歳、3kgから13kgまで使えます。5つの抱き方で推奨時期が異なり、イージーライダー(横抱き)は新生児から抱っこできます。

Cubyスリング
5つの抱き方と推奨時期

私自身、実際に5種類の抱き方を試して、イージーライダー(横抱き)が一番ラクでした。

Cubyベビースリング
イージーライダー(横抱き)

注意事項が1つ。

スリング全般に言えますが、子どもの体重が片肩にかかり、1時間抱っこすると痛いです。私(パパ)は6kgまで育った時点で使用中止。Cubyは13kgまで抱っこできますが、一般の人には無理そうです。

使い方

Cubyスリングはバックルタイプ。サイズ調整が簡単なので、夫婦で兼用できます。

ただしスリング自体、抱っこ紐と違って「お尻の位置がココ!」など決まっていません。豊富な使い方ができるメリットはありますが、慣れないと使い方が難しく、特に首すわり前は苦労します

買って後悔しないよう、使い方を事前に調べておきましょう。

<使い方>

  • 2種類のバックル(ラージバックル・セーフティバックル)を留める。
  • セーフティバックル側の紐(細い方)がラージバックル側の紐(太い方)より長くする。
  • 斜め掛けし、太い紐の長さを微調整する。
  • 「Cuby」ロゴを鎖骨の位置に調整する。
  • 太い紐(2本)のうち、背中側を引っ張り短くする。
  • (横抱きの場合)斜め掛けのまま、子どもを胸の前で抱く。
  • (横抱きの場合)頭からスリングを通し、上下の端を首からひざまで広げる。
  • (横抱きの場合)子どものお尻が上下の中央になるよう調整する。
  • (横抱きの場合)子どもの頭を支えながら、足を「Cuby」ロゴの反対側に入れる。
  • (横抱きの場合)子どもの頭が自分の胸になるよう斜めに入れる。
  • (横抱きの場合)布で子どもの鼻・口をふさがないよう調整する。

Cubyは、「説明書が分かりづらい」のレビューが多いです。

Cubyの動画はないので、類似商品のケラッタU-sringの使い方動画を紹介します。

ママ友さん
ママ友さん

慣れたら便利だよ!

抱き方

抱き方は5種類。それぞれの抱き方で推奨時期が違います。新生児から3か月まで使えるイージーライダー(横抱き)がおすすめ。10秒ほどでサッと使えて、30分使っても疲れません。

他の抱き方は肩が痛く、一般男性の私では使えませんでした。

Cubyスリング
5つの抱き方と推奨時期

それぞれの抱き方を紹介します。

抱き方①アップライト

対面で抱き、「がに股」でお尻を支えるスタイル。説明書は新生児~とありますが、首すわり前は常に首を支えないと難しい抱き方です。

私には難しい抱き方でした。

抱き方②ハンモックスタイル

ハンモックのように支えるスタイル。「①アップライト」から、スリングを支える肩とは逆に赤ちゃんの頭を持っていき、お尻と首を支えます。授乳しやすい抱き方で、外出時にスリング+ケープで対応できそうです。

抱き方③ジョイポジション

自分のお腹と子どもの背中が密着、いわゆる「前抱き」スタイル。スリングの中で「あぐらをかく」ように足を折り曲げる姿勢ですが、機嫌が悪いと足をバタバタさせて難しいです。

パパらくさん
パパらくさん

前抱きは、ヒップシートがラクだよ

ヒップシートって何?抱っこ紐との違いを解説

抱き方④イージーライダー

②ハンモックスタイルとは逆に、「アップライト」から、スリングを支える肩と同じ方向に子どもの頭を持っていき、お尻と首を支えます。体全体が包まれて背中が丸まり、普通に抱っこするより泣き止んだりぐっすり眠ります。

結局このスタイルだけ使用、とても使い勝手が良かったです。

抱き方⑤ヒップスター

スリングの中で、「お座り」して安定させるスタイル。スリングを支える肩と逆側の肩で、お座りの状態で足と手をスリングから出してお尻だけで支えます。首は完全にすわらないと難しいスタイルです。

他のスリングとの違い

Cubyベビースリングは、バックルタイプ。リングタイプと違って、子どもが泣いた時にサッと取り出して、10秒で寝かしつけできます。同じく簡単に使えるチューブタイプより、サイズ調整もしやすく夫婦兼用できます。

Cubyはバックルタイプの中では、値段が安いです。人気ランキング10位以内では最安値。さらに使い勝手も良いので、コスパが良いのも特徴。

Cubyの良いところ

ダブル調整ストラップを採用、子どもが居心地良い姿勢をキープ。またバックル2つで留めるダブルバックルのため、1つのバックルが外れても子どもが落ちる心配ありません。肩パットも厚みがあり、長時間の抱っこでも痛くなりにくいです。

ママ友さん
ママ友さん

泣き止まない時はずっと抱っこできる!

Cubyスリングのメリット・デメリット

実際に新生児から3か月間使った私が、メリット・デメリットを紹介します。Cubyは類似スリングの中でも値段が安く、コスパの良い商品です。一方で、説明書が分かりづらい、通気性が悪いなどのデメリットも。

Cubyのメリット

  • 価格が安い(人気TOP10で最安値)
  • 新生児から使える(0か月~)
  • 肩が痛くない(肩パットが幅広で厚い)

Cubyのデメリット

  • 説明書が分かりにくい
  • 6kg以上になると肩が痛い
  • 子どもの位置調整が難しい

デメリットの「肩が痛い」、「位置調整が難しい」は、他のスリングでも同様です。

実際に使用したレビューで詳しく解説します。

Cubyを実際に3か月使った使用レビュー

Cubyベビースリングを新生児(生後3週間)から3か月間使用したレビューです。デメリットを中心に解説します。

Cubyは使いやすい

Cubyスリングは使いやすいです。その理由は「子どもが泣き止む」から。

ダブル調整ストラップで空間がしっかり確保でき、子どもの落ち着く姿勢をキープできます。私の場合、直接抱っこよりCubyスリングの方が「泣き止む率」が高いです。

両手が空くので、寝不足の妻を起こさず寝室の外へ、という気遣いもできます。もちろん携帯を見ながらあやすことも・・・。

手首・腕が痛くない

Cubyに限らず、スリングを使うと抱っこがラクになります。

新生児は縦抱きができず、抱っこは常に横抱き。子どもの頭を腕や手首で支えるため、腱鞘炎・筋肉痛になりやすいです。

スリングは「肩」で支える構造上、手首・腕への負担が小さいのが特徴。肩が痛くなった場合は、スリング抱っこのまま腕で支えると、痛くありません。

ママ友さん
ママ友さん

授乳と寝かしつけで抱っこばかり…
でもスリングでラクになったよ!

説明書が分かりにくい

Cubyの説明書は、分かりにくいです。説明書は、英語・日本語・中国語の3か国で記載。日本語で書いてあるのに理解しにくいです。

<説明書が分かりにくい理由>

  • 説明画像が小さく、少ない
  • 文字での説明が多い
  • 日本語が分かりにくい

実際に使い方が分かると、説明内容が理解できます。つまり、使う前に説明書を読んでも理解できません

そもそもスリングは使い方が難しい育児グッズ。動画が分かりやすいので、ケラッタなどの他商品を参考にしましょう。

ケラッタU-sling使い方をYoutubeで見る

通気性は問題ない

Cubyスリングは綿100%。綿は化学繊維と比べて肌触りが良く、赤ちゃんの肌にも優しいです。綿自体は通気性が良い素材ですが、Cubyスリングは厚みのある2重コットン生地、通気性は悪いです。

ただ私は「屋内のみ」使用。家の中もショッピングセンターも冷暖房で子どもに快適な温度をキープ、暑い・寒いなどの不満はありません。

屋外で使用、特に夏場のお出かけで使う場合は、注意が必要です。

肩は痛くなりにくい

スリングは構造上、子どもの体重を「肩のみ」で支えるため、肩が痛くなりやすいのがデメリット。さらに肩パットが細いと肩に食い込みます。

どうして肩に食い込むの?
力の加わる場所が細いと、力が集中してしまいます。スーパーのビニール袋は持ち手が細く、指に食い込む原理と同じです。

ただしCubyの肩パットは幅広で力が分散して肩が痛くなりにくいです。※幅11cm・厚み4cm(実測)

注意したいのは、子どもの体重が6kgを超えると長時間抱っこは痛くて難しいこと。私の妻は、肩が痛くて使用を断念。Cuby以外のスリングも同じ構造、注意しましょう。

位置調整が難しい

スリングは抱っこ紐・ベビーカーと違い、「頭はココ!お尻はココ!」といった決まった位置がありません。自由度が高いですが、位置調整が難しいです。

Cubyに限らずスリングは、抱っこ途中での位置修正が難しく、慣れないうちは何度も最初からやり直すことに。

私の妻が使わなかった理由の1つです。

位置調整が難しい理由

・説明書を読んでも上手く調整できない
(顔が埋もれたり、首が背中側にのけぞる)

・失敗すると赤ちゃんが真上を向かない
(おしりの位置を自分の感覚で決める)

・途中で赤ちゃんの姿勢を修正できない
(失敗すると脱がして最初からやり直し)

Cubyは「泣き止む」、育児パパにおすすめ

私の妻は、Cubyスリングを使いませんでした。その理由は3つ。

  • 装着が難しい
    (胸が邪魔で、男性より難しい)
  • 姿勢の修正ができず、時間かかる
    (抱っこした方が早い)
  • 首すわり前で、子どもの頭を通しにくい

ただし、私(パパ)は非常に重宝しました。

その最大の理由は、Cubyスリングを使うと「泣き止む」こと。Cubyは自由度も高く、子どもの居心地が良い姿勢をキープできます。

ママは泣いたら「おっぱい」がありますが、パパにはありません。寝不足のママを起こさずサッと抱っこ、育児パパ(私)の強い味方でした。

Cubyスリングは口コミより使いやすい

Cubyスリングは2000円台と価格が安く、新生児(0か月)から使えてコスパが良いです。スリング最大のデメリット「肩が痛い」も、Cubyの丈夫な肩パットなら安心。説明書が分かりにくいレビューも解説動画で解決です。

なにより、子どもが「泣き止む」のが最大のメリット。ダブル調整ストラップで子どもの居心地が良い姿勢をキープできます。

Cubyスリングは、こんな人にオススメ。

Cubyをオススメの人

・新生児から抱っこがつらい
・泣き止まなくて悩んでいる
・寝不足のママをサポートしたい

私は実際に3か月使用、夜中は寝不足のママに代わり寝かしつけしました。

コスパの良いCubyで、少しでもラクに、もっと楽しく子育てしませんか?

アマゾンが最安値でオススメ!


首すわり後からは、ヒップシートがオススメ!

私が実際に2年間使ったヒップシートはポルバンアドバンス。先輩ママの口コミNo1、2歳まで長く使えてコスパが良いので、オススメですよ。

ヒップシートって何?詳しく知りたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA